tel

気付きの言葉COLUMM

始まりは「思う」こと

 昨年ソフトバンクが2年ぶりに優勝した。チーム一丸となった強さだった。2年前に優勝したときに、その秘訣を紹介するコラムが日経新聞平成27年11月5日号に乗っていたので、少し古いが紹介したい。

 

 これはリーダーとして覚えておきたい内容であり、スポーツだけではなく全てに共通して言えることだと感じるからだ。篠山正幸さんというスポーツ版の編集長の書いたものだ。

 

 『 何事も世界で一番になってこそ、というソフトバンク・ホークス、孫正義オーナーは勇ましかった。ヤクルトを倒して日本一になったあと、ワールドシリーズの王者に「挑戦状をたたきつけたい」と話した。荒唐無稽という人がいるだろうが、この「思い」がなければ永遠に世界への道は開けない。思うことによって何かが始まる。思わなければ“ゼロ”のままだ。

 

     ~中略~

 

 自ら思い、他人にも思わせることができるかどうか。これはリーダーの資質が問われる部分でもある。そのことを教えてくれたのが、ソフトバンクの工藤公康監督。

 

 ロッテとのクライマックスシリーズを前に「一つも負ける気がしない」と話した。第一ステージを勝ち上がってきたロッテにスキを見せたら危ない、という現実的な配慮もあったはずだが、自軍選手への暗示効果も狙ったものだろう。「一つも負けないぞと監督が言ってくれたので、選手全員その気になってやった」と主将の内川聖一は話した。

 

 「その気」といえば、ホークスの王貞治球団会長もそこから出発した人だった。三振王といわれていたころから、師匠の荒川博さんに「このまま稽古を続けたら三冠王だ」とふき込まれ、その気になったそうだ。荒川さんも自ら思い、人に思わせることができるリーダーだった。。

 

 何事も「思い」だけでは成らず、孫さんや王さんのような成功者の陰に「思い」だけに終わった無数の起業家や野球選手がいる。大きなことを思えば思うほど、世間的にはハッタリに近くなり、うさんくさいやつ、と言われる。冷笑や風圧にもめげず、何かを思えること自体、得難い才能だ。ともかく、思わねば何も始まらない。』

 

 いかがだろうか。さすがに日経のスポーツ版編集長だけあって、企業経営にも造詣が深い。

 

 リーダーが方向性を強く指し示してこそ、組織は一丸となれる。一個人としても強みを伸ばされれば自信がつく。ただ大きな「思い」を打ち出すには勇気がいる。うさんくさいやつと思われることを厭わない勇気だ。

 

 最近、つくづく理念経営の大事さが分かってきた。理念を組織に浸透させている企業だけが勝ち残っているように思う。そしてそんな会社で働く社員は生きいきとしている。

 

 ところで理念が浸透している状態とはどういう状態をいうのか。ある方に教わった。理念の唱和をすることではない。浸透している組織もそうでない組織も一見同じように見える。それは社員の日常会話の中に使命の話が出ているかどうかだ。年に一回の発表会など公式の場だけに出てくるのなら浸透しているとは言えないそうだ。

 

 私どもの事務所でも、今年からこれを強く推進する予定だ。今年の目標は、卓越性の追求だ。二流、三流会計人・会計事務所からの脱皮、を目指す。年賀状でも書いたように、「フィードバックが並みの人間に一流の仕事をさせる」という言葉を信じて突き進みたい。今は至らない点ばかりなので恥ずかしいが、年末には全てのお客様にアンケートを実施する予定です。ご協力とご指導をお願い申し上げます。

 

税理士・中小企業診断士 安部 春之